転職のこと

体の疲れは、休めばそこそこ回復します。
それでも「疲れが抜けなくなったよねぇ!」と少し年上の先生と話すように、
何となく40歳を越えてしばらくたったあたりから
休んでも休んでも残る疲れが「溜まってきたな」と感じるようになりました。

ほかにもいろいろあったんですが、
ざっくりいうと「気持ちがついていかなくなった」という感じでしょうか。

私たちにとっての「転職」は多くの場合は「異動」であり
世間一般の「転職」「職替え」とはちょっと意味合いが異なります。
(診療科を変えてしまえばかなり「転職」色が強くなりますが)

昨年夏ごろから「転職活動」を展開しておりました。
自分の意志で転職するのは(恥ずかしながら)初めてなので
民間の転職サイトに仲介をお願いして、秋にようやく異動先を見つけることができました。
動機からしてかなりネガティブで後ろ向きだったので、正直なところ
転職活動は楽ではなかった。精神的にはきつかったです。

仲介の担当さんから「仕事が嫌いになったわけではないし、働きたいと思っているのだから、
そこはポジティブに考えましょう。」と言われた時は泣きそうになりました。
(後で・・・。)
面談に伺った先では「ここでできないことはたくさんあるけど、
できることもたくさんあります。できることを少しでもこなしていけば良いですよ。」
「続けたいと思える働き方は人それぞれだからね。」等々、驚くほど
前向きなお言葉をいただきました。

後片付けや年休の消化などばたばたしておりますが、
やりたいことは(選んで)やる
やらなきゃいけないことは(なるべく)やる
で、お仕事も頑張ろうと思います。

とりあえず報告までに。

# by yabu-chiku | 2018-01-30 10:49 | 日記 | Comments(0)
随分久しぶりになってしまいました。
月曜日のチェロレッスンはもっぱら来年3月の発表会にむけた練習になっております。
今は個人レッスンなので、発表会向けに「グループレッスン」への「出稽古」もやってほしいと。
個人レッスンでも先生と合わせてみると、
「こんなハーモニーになっていたんだ。」
「ここはユニゾン。」
「ここは主旋律になっているのね。」
と個人練習では見えてなかった曲の全貌が少しずつ明るくなってきて、それもまた楽しいのです。
(パート譜だけもらっていて総譜はもらっていないので)

ただ最近は運指とポジション移動は自分で考えてきてネ、というのがちょいちょいと。

これがホルンだと旋律に応じた運指にはそれほどバリエーションはなくて、せいぜいが
「この音はB管で吹いた方が疲れないかな(高音域はだいたいB管)。」
とか、低音で切れのあるリズムを刻みたいときとかはB管の方が良いよね、というくらい。
(私は基本的にはF管で吹いています。)
まれにパート内で「ここの音はF管で統一しましょう。」というのがありますが。

ある音を出すときに、G弦でも弾けるしC弦の第3ポジションでも弾ける
・・・というのにまだ慣れないのですね。

この漠然とした不安は何なんだろう?

まだまだ時分にはチェロ演奏に関する素養が足りない。
それは単純に経験年数(というか時間)だったり演奏法の基礎知識だったり。

そこで。

チェロの教室を探したのです。

平日なら遅めの時間帯、週末は吹奏楽とオケにかぶらない時間帯で。

結果ホルンレッスンを受けている教室のチェロレッスンに入ることにしました。
ホルンよりやや早めの時間帯で、仕事の後には駆け込む感じになりますが1回のレッスンは45分と長めで月に2回。
「クラシック寄り」というレッスン内容の説明も何となく良いかなぁ。

テキストは「ウェルナー」と「鈴木メソッド」。
12月から始まったレッスンはまだ1回目だけど「ウェルナー」の最初のページを結構じっくりと
弾かせてくれました。
先生は「すごぅく地味な練習で申し訳ないんですけど、こことっても大事なので。」
とおっしゃいますが、

何をおっしゃいます!

充分楽しいですよ。っていうか「開放弦で移弦する」のだってちゃんと弾けてないんですから。

座り方、体幹と楽器の関係、エンドピンの調節に始まり
弓の隅々までをいっぱいに使って弾くこと、
弦と弓は常に直角であること、
弓を持つ右上肢に余計な力を入れないこと、

月曜のレッスンでも言われていますが、こういったことを演奏中にも常に気にすること、
具体的には「最初のうちは10分弾いたら弓の持ち方をチェックする、弓と弦の角度は見て必要なら修正する。」
ということでした。

弓道で言うところの「徒手で射方八節を繰り返し行う」
ホルンだと「ひたすらバズィング」に相当するでしょうか。

「これは基本中の基本」という構えであるとか体の動きというのは
日常生活ではおよそしないようなもので、手っ取り早く見につく方法というのはないと思っています。

繰り返して覚える。

これに尽きるのではないでしょうか。

月2回の水曜日は基礎をじっくりかためる練習
月曜日は楽曲演奏を中心とする練習

当面はこの2本立てで続けてみようと思います。


# by yabu-chiku | 2017-12-07 13:31 | チェロ | Comments(0)

レッスンの計略。

今通っているチェロの教室は、比較的近場なのだけど時間が早いので、仕事終わりに駆け込んでも間に合わなかったり、仕事が終わらないと泣く泣くキャンセルしたり。

できればもう少し遅い時間のレッスンに移りたいのです。

というわけで、ホルンのレッスンに通っている教室のチェロコースを体験してみることに。
ここでもギリギリなんだけどね。
レッスン時間が45分と少し長くとれるのと月に2回。毎週はなんとなくキツくなるのですな。

今日は当直明けなのを良いことに早上がりして参上。
時間があるので夕食もすませることに。
f0007115_19245128.jpg

f0007115_19245384.jpg

f0007115_19245410.jpg

何とか休み休みでも続けたいなあ。
# by yabu-chiku | 2017-11-08 19:17 | チェロ | Comments(0)

ホルンとチェロと、いろいろ


by yabu-chiku